雑貨・インテリア - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは美しい!金具を一切使わず飛騨高山の木材で作られたヘッドフォン「ヒダノオト」

これは美しい!金具を一切使わず飛騨高山の木材で作られたヘッドフォン「ヒダノオト」

左右独立型のイヤフォンが各メーカーから発売されるなど、新技術を採用したイヤフォン・ヘッドフォン製品が次々と登場していますが、自然のぬくもりを感じながら音楽を楽しむことができるヘッドフォンが登場しました。

現在クランウドファンディングでプロジェクトを公開しているのが、金具を一切使用しない木製ヘッドフォン「ヒダノオト」です。

柔らかな曲線が美しいですね。「ヒダノオト」は、飛騨高山産の木材と飛騨牛の牛革など自然素材のみを使用し、木の素材感を楽しみ、自然のぬくもりをいっぱいに感じながら楽しめるた木製のヘッドフォン。

「ヒダノオト」は、通常柔らかい素材が使われる耳に当たるクッション部分までも木が使われているのですが、素材に木を使うことでその感触や香り、そして木の反響を利用した音など、五感にダイレクト訴える商品が出来ないか?という考えから生まれた製品なんです。

イヤーカップの中央部分は楽器などにも使われている「カエデ」を使い、耳に当たる部分と外側のロゴ部分には「ヒノキ」が使われています。場所によって適した木材が採用されているんですね。

このように結合部分には牛革を仕様。金属を一切使っていないんです。ヘッドバンドのカーブには「曲げわっぱ」の技術が使われています。

木だけで作られているのであれば、ドライバーユニットはどうするの?と疑問が湧きますが、「ヒダノオト」にはドライバーユニット付いておらず、イヤフォンの音を反響させることで音を出す仕組みになっているんです。

使用するイヤホンはiPhoneに付属されているApple純正のものを推奨しています。

イヤフォンの音源を利用してヘッドフォンで音楽を楽しむというとてもめずらしい仕様の木製ヘッドフォン「ヒダノオト」は、クラウドファンディングサイト Makuakeで支援を募っています。

 

木製ヘッドフォン「ヒダノオト」

 

RELATED 関連する記事