グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

とりあえずハイボール欲しいゾ!甲府の鳥もつ煮を再現したポテトチップスを食べてみた!

とりあえずハイボール欲しいゾ!甲府の鳥もつ煮を再現したポテトチップスを食べてみた!

47都道府県の地元ならではの味を再現したポテトチップスを発売するカルビーの「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクト。1月21日(月)に第2弾が発売され、その中から群馬の味「ポテトチップス 焼きまんじゅう味」を紹介しましたが、

香ばしさがふわぁ〜っと♡群馬県の味「焼きまんじゅう」を再現したポテトチップスを食べてみた

47都道府県の地元ならではの味を再現したポテトチップスを発売するカルビーの「♥ JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクトが、1月21日(月)に第2弾となる17道府県の味を一気に発売しました…

今回実食してみたのは、山梨の味「ポテトチップス 甲府鳥もつ煮味」です!

鳥もつ煮は終戦直後の1950年頃に、鳥のもつが捨てられてもったいないため、安くて美味しいものが作れないかと甲府市内の蕎麦屋で誕生したのが始まり。

「ポテトチップス 甲府鳥もつ煮味」では、鳥もつ煮ならではの甘じょっぱさが再現されているそうなのです。

袋を開けてみると醤油と甘い煮物の香りがほんのりと香ってきます。

見た目は普通のポテトチップスですね。ひとくち食べてみると、醤油とともに甘い煮物的な風味がしっかりと感じられます。

鳥もつ煮の”鳥もつ”の存在感はあまりありませんが、甘じょっぱい煮物の味わいは十分に楽しめるポテトチップスに仕上がっていました。とりあえずハイボール飲みたくなる味です。

先日紹介した「ポテトチップス 焼きまんじゅう味」も甘じょっぱさが感じられる味わいでしたが、焼きまんじゅう味は香ばしさがプラスされていたので、それが大きな違いとなって現れていますね。

お酒のおつまみにスナック菓子を食べる事がある人は、ぜひビールやハイボールに合わせて食べてみてほしい味わいです。

「ポテトチップス 甲府鳥もつ煮味」は山梨・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川で発売中です。

 
 

RELATED 関連する記事