歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

可愛すぎるよ♡2019年の干支・猪を表現した縄文〜弥生時代のキャワワな動物土偶たち!

可愛すぎるよ♡2019年の干支・猪を表現した縄文〜弥生時代のキャワワな動物土偶たち!

あけましておめでとうございます!

2019年は亥年。昨年末から干支のイノシシをイメージした商品やグルメをいろいろと紹介してきました。今回はちょっと趣向を変えて、全国の縄文時代、弥生時代の遺跡から出土した、とっても可愛いイノシシの土偶(土製品)を紹介したいと思います。

調べてみるとイノシシの土偶って結構多いんですよね。しかも可愛らしいものが多いんです。可愛すぎる土偶として話題になったものもあるから、みなさんが知っている土偶もあるかもしれません。

青森県弘前市

画像出典:文化遺産データベース

青森県弘前市の十腰内2遺跡から出土した猪形土製品です。全長18.0cm 高さ9.7cm 厚さ4.8㎝。数年前、可愛すぎる猪土偶として話題になりました。

青森県つがる市

画像出典:文化遺産データベース

青森県つがる市の木造亀ヶ岡から出土した土製品。縄文時代後期のものとされています。カラダの大きさに比べて誇張された鼻がとっても可愛い。

宮城県栗原市

画像出典:文化遺産データベース

宮城県栗原市の青木畑遺跡から出土した猪形の土製品。一見するとなんの動物をもしているのか判別がつきにくいですが、猪を表現しているものなんだそうです。弥生時代のもの。

2ページ目 まだまだあるゾ!猪土偶たち

 

RELATED 関連する記事