ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

なぜこの名前に?不評の山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」。では1つ前の山手線の新駅はどこだった?

なぜこの名前に?不評の山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」。では1つ前の山手線の新駅はどこだった?

駅名案公募130位だったのに選ばれた新駅名

2020年に品川~田町間に開業予定のJR山手線の新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決定しました。率直に言えば、既存の山手線の駅名とのバランス的に、とても微妙であることは否定できません。

おそらく友達同士などで待ち合わせの相談をするときは、もっぱら略され
「明日の17時に、山手線の『高輪(駅前)』で待ち合わせで♪」
または
『高ゲ―』前で待ち合わせね♪」
となるでしょう。

新駅名の決定のために駅名案を公募したにもかかわらず、わざわざ130位だったこの駅名が6万4,052件の公募の中から敢えて選ばれたことに対しても「立地的に『高輪』もしくは『芝浦』で良いのでは?」などと疑問を持つ方は多く、中にはインターネット上で撤回を求める運動を始める方々まで出てきているほどです。

新駅には、りんかい線の「東京テレポート」や「品川シーサイド」に共通するような「新しい響き」が強く求められたのでしょうか?

今回はそんな山手線の新駅名の由来と疑問に迫ってみました。

2ページ目 そもそも「ゲートウェイ」って何を意味しているの?

 

RELATED 関連する記事