エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

鬼太郎の原型を作ったのは危険人物?ゲゲゲの鬼太郎の原型「ハカバキタロー」と紙芝居作家たち【3】

鬼太郎の原型を作ったのは危険人物?ゲゲゲの鬼太郎の原型「ハカバキタロー」と紙芝居作家たち【3】

前回までは水木しげるが紙芝居『墓場鬼太郎』を経て漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を誕生させるまでを追いかけました。

ゲゲゲの鬼太郎の原型! 幻の紙芝居「ハカバキタロー」と紙芝居作家たち【1】

好評放送中のテレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』。原作者は水木しげるです。今回が6度目のアニメ化となる国民的妖怪漫画を知らない人はいないでしょう。しかし、そのはじまりが紙芝居にあることを知る人は少ないかもし…

ゲゲゲの鬼太郎の原型! 幻の紙芝居「ハカバキタロー」と紙芝居作家たち【2】

紙芝居作家として歩み出した水木しげる。ところで紙芝居作家の仕事とはどのようなものだったのでしょうか。漫画やアニメとは似て非なる、紙芝居の制作工程を整理しておきましょう。前回の記事はこちら。…

今回からは、鬼太郎の原型である紙芝居『ハカバキタロー』を生み出した作家・伊藤正美と画家・辰巳恵洋はどんな人物だったかを探り、幻の紙芝居の実像に迫ります。

紙芝居を作った若者たち

街角で紙芝居屋が子どもに語る「街頭紙芝居」のブームは、太平洋戦争を挟んで2度ありました。第1次ブームは昭和5年頃から昭和10年代まで。第2次ブームは昭和20年代から昭和30年代前半までです。

『ハカバキタロー』(漢字表記は『墓場奇太郎』)が登場したのは昭和8年。『黄金バット』『少年タイガー』に続く、初期のヒット作となりました。

「紙芝居」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは「紙芝居屋のおじさん」でしょう。しかし彼らは、あくまで語り手であり飴の売人です。

紙芝居そのものを作ったのは「紙芝居作家」でした。厳密にいえば、物語を作る「作家」と絵を描く「画家」がいて、紙芝居という作品を作り上げたのです。しかし紙芝居作家が、漫画家のように世間に広く認知されることはありませんでした。

特に戦前は紙芝居自体が生まれたばかりで、有名作家や画家が関わることはなく、作り手は無名の若者が多くを占めていました。当時、紙芝居作家たちの平均年齢は、およそ25歳前後だったといいます。

そして、そんな紙芝居作家のなかに「伊藤正美」と「辰巳恵洋」がいました。
『ハカバキタロー』の作者たちです。

紙芝居の制作方法は、脚本と作画を分業するタイプと、両作業を一人で行うタイプがありました。「キタロー」は前者です。伊藤は脚本を担当し、辰巳は作画を担当しています。

つまり伊藤正美がストーリーを作り、辰巳がビジュアルをデザインしました。水木しげるの紙芝居版『墓場鬼太郎』が誕生する20年以上前のことでした。ただし、辰巳と水木のキャラクター・デザインは全く別のものです。

2ページ目 鬼太郎の原型を作ったのは、デカダンスな危険人物!?

 

RELATED 関連する記事