観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

縄文古墳か?はたまた祭祀場か?謎が多すぎる日本のピラミッドを紹介!

縄文古墳か?はたまた祭祀場か?謎が多すぎる日本のピラミッドを紹介!

UFOのような岩がある姫神山

岩手県にある標高1124メートルの山。ここには不思議な形の「笠岩」があります。

先端がボートのように美しいアーチを描いていて、まるで山に難破した船のよう。明らかに人の手で切り出されとしか思えませんが、詳しいことはわかっていません。

この山は初代・征夷大将軍の坂上田村麻呂が東征の折、立烏帽子神女を祀ったのが始まりとされています。立烏帽子神女とは、初代征夷大将軍・坂上田村麻呂が都を荒らした鬼を退治したときに守護神となった女神です。

その立烏帽子は鈴鹿御前とも呼ばれ、女盗賊・鬼・天女と姿を変え様々な物語に登場。往来する旅人の守護神として崇められてきました。天女と空飛ぶ乗り物…何か曰くめいた物を感じますね。

Wikipediaより「歌川国芳画『東海道五十三対 土山』 左より鈴鹿山の鬼神、鈴鹿御前、坂上田村麻呂」

姫神山の地図

3ページ目 巨大な石柱がある葦嶽山

 

RELATED 関連する記事