歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

今では信じられない…。好きな女性の寝床に忍び込む「夜這い」とはどのようなものだったのか?

今では信じられない…。好きな女性の寝床に忍び込む「夜這い」とはどのようなものだったのか?

好きな女性の寝床に忍び込み行為に及ぶ「夜這い」

夜中に、主に男性が女性の寝ている所にいきエッチな行為に及ぶ「夜這い(よばい)」。日本古来から行われていた行為です。

万葉集には「他国によばひに行きて太刀が緒もいまだ解かねばさ夜ぞ明けにける」という一文があり、「よばひ=よばい」という言葉が使われています。ここで使われている「よばい」とは求婚を意味する「呼ばう」で、これが「夜這い」の語源と言われています。また、暗い夜に這うようにして相手の寝床に忍び込むことから「夜這い」と言われるようになったという説もあります。

夜這いは戦後まで続いた!?

さて、日本において夜這いが行われていたのはいつ頃までだと思いますか?江戸時代?明治時代?いえいえ、実は大正時代ごろまで夜這いは続いていたそうです。村によっては戦後まで行われていたところもあるんだとか。

江戸時代には風俗の乱れなどを懸念し夜這いを禁止する法令が出され、明治時代になると明治維新にともない西洋の考えも多く取り入れられることになり、近代化や道徳の向上目的などもあり、夜這いが全面的に禁止されることになりました。

2ページ目 親も公認の夜這い制度。女性は断る権利もあった。

 

RELATED 関連する記事