歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

背割り、梅鉢、半ビラ…冤罪も多かった江戸時代の牢屋での壮絶なリンチ

背割り、梅鉢、半ビラ…冤罪も多かった江戸時代の牢屋での壮絶なリンチ

以前Japaaanで紹介された小伝馬町牢屋敷の記事で、牢内には序列があり「牢名主」が取り仕切っていたことがわかりました。

囚人が囚人を始末!?江戸時代、伝馬町牢屋敷の牢獄内が怖すぎる

東京都中央区日本橋小伝馬町には江戸時代、囚人を収容する伝馬町牢屋敷がありました。放火事件を起こした八百屋お七や、黒船来航時にアメリカに密航を企てて捕まった幕末志士の吉田松陰も、ここに収容されました。常…

今回は、牢内で行われていた私刑(リンチ)の様子を、文久3年(1863年)に政治犯として収容された落合直言という志士の手記『獄中罪科』から紹介します。

リンチは、牢名主へのツル(お金)が少ないとき、反抗的な態度を取ったとき、喧嘩をしたとき、「きる、とぶ、はねる、おつる」などの禁句(首を切る、首が飛ぶ、首を刎る、首が落ちるに通ずるため)を言った者などに行われました。

その他、牢名主の気分を害すれば、命令一つでリンチが待ち受けていました。

↑右上では新人が痛めつけられ、左上には牢名主が座しています

背割り…背中を思い切り肘鉄されます。正座させられ、両肩を押さえられての肘鉄なので、背骨を損傷する者もいたとか。

梅鉢…お椀を五つ梅の花の形に並べ、裸でその上に正座させられます。お椀のふちが向こう脛にくいこみ、じわじわと痛みが増していきます。牢名主が「もうよい」と言うまで、下りてはいけませんでした。

不動…牢内の端っこで、裸にされ片手に水の入った椀、片手に箒を持って力立不動の姿勢で立ち続けさせられること。立ち姿が不動明王の仏像のように見えることからこの名がついたのでしょうか。
少しでも水をこぼすと、さらにリンチが加えられたそうです。

半ビラ…板きれで50回ほど打ち付けられます。下手すると死に直結しそうなわかりやすい暴力です。

2ページ目 牢名主が許すまで耐え続けなければならないリンチ

 

RELATED 関連する記事