歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代の男たちの性欲事情。回数セーブする者いれば、初夜に怒涛の18回を記録する神も!

江戸時代の男たちの性欲事情。回数セーブする者いれば、初夜に怒涛の18回を記録する神も!

江戸時代の春画を見ると、さぞかし男性はみな性欲が強かったのでは…と思いませんか?ところが実際のところ、淡白な人もいたようです。もちろん、性欲が強い人も多かったようですが。

松平定信は虚弱体質のため回数をセーブ

旗本の坂部其は、あまりに性欲が乏しく、25歳で結婚するまで女性の体に触れたことがなかったそう。しかも、結婚しても、そういう気持ちにならなかったようで、性交はほとんどない結婚生活だったのです。1年で2~3回しかも妻への義理でその回数ですから、本当はしなくてもよかったのでしょう。きっと、奥さんの方が、女としての自分に自信が持てなくなってしまうほど、彼は淡白でした。

また、寛政の改革でおなじみの松平定信は、元々虚弱体質だったため、養生のために節淫を心がけていました。30歳の頃に1年半性交を絶ったこともあるとか。その後健康状態が徐々に良くなってきても、月に2度ほどに抑えたのです。

性欲はあっても、体のために我慢していたのですね。50歳近くになると年に5~6回、つまり2ヶ月に1回くらいのペースでしょうか。60代半ば以降は、性交を絶っていたそう。殿様など重要な地位の人は、自分の意志関係なく回数制限されることも少なくなかったとか。

2ページ目 医師・天公法現は妻との初夜に怒涛の18回!

 

RELATED 関連する記事