歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

コレ系好きだわぁ♪江戸時代から現代までのおみやげが一堂に集結「ニッポンおみやげ博物誌」が面白そう

コレ系好きだわぁ♪江戸時代から現代までのおみやげが一堂に集結「ニッポンおみやげ博物誌」が面白そう

国立歴史民俗博物館がなにやら興味深い企画展示を仕込んでいるようです!

旅先の思い出として自分のために、または会社や友達への贈答のために買う「おみやげ」の変遷や背景を、江戸時代から現代までの様々な資料をもとに探る「ニッポンおみやげ博物誌」が開催されます。

本展は、近世から近現代にかけての日本人の”おみやげ文化”とおみやげの背景にある観光について、資料を通して紹介していく展覧会です。展示資料は約1300点。

おみやげは観光の思い出として、またはその場所に行った証として買うことが多いだけあって、観光地には必ずと言っていい程の定番みやげが存在します。ただ置物などのおみやげだったりすると、買ったはいいものの、買ったことに満足してしまい、それっきり部屋の隅にひっそりと置かれ存在も忘れられたおみやげなんかもあったりします。いったい人はおみやげに何を求めているのでしょうか?

公式ページより

日本において観光旅行が一般化されていったのは江戸時代後期〜明治期からかと思いますが、当時の日本人にももちろん”おみやげ文化”はありました。当時の人々はどのようなおみやげを好んでいたのでしょうか?また、現代と同様にご近所さんや職場におみやげを配る習慣などはあったのでしょうか?

公式ページより

公式ページより

また、様々な土地でおみやげを買っていると、いつも特定のアイテムを必ず買っていることに気づくこともあります。いわゆるおみやげのコレクション化です。

本展ではこのような、おみやげとコレクション、コレクターの関係についても考察するチャプターも用意されていて、おみやげに関してなかなか深い部分まで探れる展覧会になりそうです!江戸時代から現代までのおみやげを一堂に展示するとのことなので、見ごたえもありそう。

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」は千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館 企画展示室A・Bで開催されます。

ニッポンおみやげ博物誌

  • 開催期間:2018年7月10日(火)~9月17日(月祝)
  • 会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
  • 料金:一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体
    ※総合展示もあわせてご覧になれます。 ※毎週土曜日は高校生は入館無料です。※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。
  • 開館時間 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
  • 休館日 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
  • ※開館日・開館時間を変更する場合があります。
    ※8月13日は開館します

企画展示 – 国立歴史民俗博物館

 
 

RELATED 関連する記事