グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

実はなかなかの苦労人?大阪を代表するキャラクター「くいだおれ太郎」の知られざる秘密

実はなかなかの苦労人?大阪を代表するキャラクター「くいだおれ太郎」の知られざる秘密

先日、大阪のお土産を頂きました。

大阪を代表するキャラクター「くいだおれ太郎」のはちみつケーキです。中身は、はちみつフレーバーのおいしいケーキですが、何よりもこのパッケージのインパクトは絶大ですよね!?

さて、この大阪を代表するキャラクターに、誰もが1度は出会ったことがあるのではないでしょうか?

くいだおれ太郎の生い立ち

くいだおれ太郎は、元々は大阪の道頓堀の食堂「くいだおれ」の店頭に立っていた電動式の人形でした。

食堂「くいだおれ」は、終戦後間もない昭和24(1949)年に、焼け野原だった道頓堀で開店しました。くいだおれ太郎が誕生したのは翌昭和25(1950)年のことでした。

(画像出典:By sa_ku_ra from Doll at the restaurant Kuidaore in Dotonbori, Chuo, Osaka (Flickr) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons)

個性的な風貌に加え、独特の動きをするくいだおれ太郎はかなりインパクト大で、当初は「目障り」「気持ち悪い」などのネガティブな意見もあったのだそう。しかし彼は徐々に人々の支持を集めるようになり、おかげでお店も大繁盛!一躍道頓堀の人気店となったのでした。

2ページ目 愉快なキャラのくいだおれ太郎、実はなかなかの苦労人!?

 

RELATED 関連する記事