歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

得意の術で大活躍!平安時代の陰陽師・安倍晴明はライバル達も実力者揃い

得意の術で大活躍!平安時代の陰陽師・安倍晴明はライバル達も実力者揃い

フィギュアスケートの演目になった『SEIMEI』で、着目されている平安時代の陰陽師・安倍晴明のエピソードは数え切れないほどあります。中でも胸躍る逸話はライバルとの術比べで、野村萬斎さんが主演した映画『陰陽師』シリーズで夢中になった方も多いのではないでしょうか。

今回は、晴明に勝るとも劣らない彼の好敵手達についてお話していきます。

最大のライバル!主役作品も創作された大陰陽師・芦屋道満

晴明のライバルで最も有名なのが、芦屋道満(どうまん)またの名を道摩(どうま)法師です。彼は播磨(兵庫県)生まれで、晴明と同じく官人つまり国家に属する陰陽師として活躍したとされます。

占いの書『金烏玉兎集』によると道満は師匠である晴明の妻と結託して秘伝書を奪い、晴明の暗殺に成功するも、中国から助けにやって来た上人(晴明の恩師)が助っ人に来たことで形勢は逆転。上人によって晴明は生き返り、反対に罠にはまった道満と晴明の妻は切り伏せられて成敗されます。

『今昔物語』『宇治拾遺物語』では藤原道長に災難をもたらす式神をけし掛けた犯人として登場し、晴明に悪事を看破されます。『峯相記(ぶしょうき)』と言う書物では道長を敵視した甥の手先であり、いずれでも生国の播磨へと追い返されています。

そうした悪のイメージが強い道満ですが、歌舞伎『芦屋道満大内鑑』では悪人の手先でありながら忠誠心を持っていたり、晴明を助けるなど大活躍するヒーローとしても描かれています。視点を変えれば悪の道満でも正義になるところは、いわゆるスピンオフ作品に近いものと言えますね。

2ページ目 暦道をマスターしたエリート御曹司・賀茂光栄

 

RELATED 関連する記事