日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 のぞき機械、1人せせり…そして春画。江戸時代、男女はどのように自慰を楽しんでいたの?

のぞき機械、1人せせり…そして春画。江戸時代、男女はどのように自慰を楽しんでいたの?

女性もあの手この手で満喫?「1人せせり」

ひとりの時間を楽しんでいたのは、女性も同じ。艶本や春画を見ていると、そんな気分になるのも自然なこと。若い尼も、自分の性欲を満たすためには「1人せせり」が欠かせませんでした。死んだ亭主を思い出しながらも体を持て余す後家も、1人せせりする夜もあったとか。後家になるとここぞとばかり言い寄ってくる男もちらほらいるけれど、そんな男と関わりを持っても、後々面倒なことになるだけ。そう悟っていたのでしょうね、きっと。

そして、自分の指だけで満足できないと、やはり張形が必要になるのです。張形以外のものだと、大根や長茄子、胡瓜、さつまいもなどを使う女性もいたとかいないとか。江戸時代は、いろんな場所であけっぴろげに性交をしていましたから、それを覗き見してしまった女性が、淫らな気持ちになってしまうのは避けられません。

性交をするのもいいけれど、自分が気持ちよくなることは自分が一番良く知っているもの。1人で気持ちよくなるのも、また至福のひとときなのかもしれませんね。

参考文献:江戸の艶本と艶句を愉しむ、大江戸性愛学

 

RELATED 関連する記事