歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 大奥の女中も御用達だった?江戸時代の大人のおもちゃ事情

大奥の女中も御用達だった?江戸時代の大人のおもちゃ事情

こんなユニークな淫具も?!

中にはちょっと変わったものもあり、ヘイコノインポという性具は、垂れてきた女の愛液を集められるよう、張形の根本に皿状のものが付いています。不老回春の効果があると信じ、この愛液を飲んだり肌に塗ったりする男性もいたとか。

大奥の女中たちも御用達?

四ツ目屋の客は、男性ばかりではありません。大奥の女中たちにとっても、淫具は必須アイテムでした。将軍のお手付きにななれない女性たちは、性への欲望を自分で処理するしかないのです。とはいえ、勝手に外出することができないので、江戸城に入れる許可を得た業者から、こっそりと四ツ目屋の道具を購入していたのだとか。

通販販売も行い、大量のチラシを作って全国で販売していた四ツ目屋。きっと、春画などを眺めながら、四ツ目屋のチラシを見てどれにしようか迷う人は多かったのでしょう。それにしても、この時代から四ツ目屋のようなお店が繁盛しているとはビックリですね。

参考文献:大江戸ものしり図鑑

 

RELATED 関連する記事