日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 江戸時代、ムフフ♪の艶本にもめくる楽しさ味わえる仕掛本があった。人気絵師たちの「仕掛春本」

江戸時代、ムフフ♪の艶本にもめくる楽しさ味わえる仕掛本があった。人気絵師たちの「仕掛春本」

春画といえば恋川笑山

ほかにも、仕掛絵を描いた絵師はおり、例えば恋川笑山。彼は、春画を得意とする絵師として、知られています。「釋花八粧矢的文庫」では、男2人が女3人を相手に楽しんでいる仕掛け絵、「仮宅花の栞」では、花魁を相手に男女3組の性交図が展開するとう仕掛け絵など、様々な工夫を凝らしていました。

刊年不評、絵を描いた人もはっきりわからない「婦女熊阪精水記」には、インパクト抜群の仕掛け絵があるとか。右半分を上へ捲って左頁の下半分を開くと、縛られた2人の男が1人の女に弄ばれている図が現れるという仕組み。

こういった仕掛春本は、仕掛なしの春本と比較すると、ごく僅か。この先、ますます目にする機会はなくなるかもしれません。もし機会があったら、ぜひ仕掛絵本を見てみてくださいね。

 

 

RELATED 関連する記事