手洗いをしっかりしよう!Japaaan

日本史上で有名な男色・衆道の例をご紹介!有名人から意外な人物まで

日本史上で有名な男色・衆道の例をご紹介!有名人から意外な人物まで

@
2021/06/24

日本には、古くから男色(男性同士の性愛)の文化があったといわれています。

仏教の伝来とともに僧侶や公家たちのあいだで広まり、室町時代や戦国時代には武士たちのあいだで盛んになりました。そして、江戸時代には町人文化にも表れるようになったといいます。

江戸時代以前の男色は決して「快楽のため」だけではない?恒例の儀式や同志の契りを交わす意味も大きかった

先日の記事でも少し触れましたが、江戸時代の書物や浮世絵には女性同士の同性愛に関するものが少ないのに対し、男性同士に関するものは、当時の男色(男性同士の同性愛)の環境がどのようなものだったかを知るには事…

【BLの歴史は古い】日本における男性同士の性愛「男色・衆道」の歴史を振り返る

BL(ボーイズラブ、男性同士の恋愛)はここ最近小説やマンガで出てきたと思いがち。しかし、日本の男色(だんしょく)・衆道(しゅうどう)は遥か昔からあったと記録が残っています。そこで今回は、日本史…

そこで今回は、日本の歴史の中で、男色関係があったといわれている有名な人物についてご紹介したいと思います!

自分の日記にも記述を残した藤原頼長

他人に厳しく、能力・行動が型破りなことから「悪左府」という異名で有名な藤原頼通。彼は自分の日記『台記』に、自身が男色で感じた快感や少年たちへの想いが赤裸々につづられています。

彼には妻がおり、女性がいない環境ではありませんでしたが、貴族など7人の成人男性と愛人関係にあったと伝えられています。そのうちの一人、源成雅については、頼長の父、藤原忠実とも関係があったといわれています。

織田信長の相手は……

日本史上、最も有名な人物の一人である織田信長も、男色経験者だといわれています。相手として有名なのが、森蘭丸でした。彼は小さいころから端正な顔立ちで、信長に気に入られていたそうです。

信長は、森蘭丸に身の回りの世話をさせるなど、秘書的な役割も担ったといいます。また、信長は、前田利家とも関係があったのではないかという説もあります。

実力派の武田信玄も

戦国時代において、実力No.1武士として有名な武田信玄。彼も男色経験があったといわれており、有名な相手は高坂昌信。森蘭丸のように、幼いころから容姿端麗で、信玄もかなり思いを寄せていたといいます。あるときには、信玄が他の人に手を出したことを、高坂昌信に釈明する手紙を送ったといわれており、それはラブレターのようであったといいます。

浮気してないってば!武田信玄が美少年に宛てたラブレターが必死すぎて可愛い♡

『天文15年(1546年)推定武田晴信誓詞(東京大学史料編纂所所蔵文書)』という文書をご存知でしょうか。武田晴信とはごぞんじ武田信玄の事です。実はその文書、若かりし頃の信玄から「春日源助」とい…

2ページ目 アツイ男・伊達政宗

 

RELATED 関連する記事