手洗いをしっかりしよう!Japaaan

伝説の花魁・高尾太夫の悲劇…想い人のため死を覚悟するも身請け後に惨殺されてしまう

伝説の花魁・高尾太夫の悲劇…想い人のため死を覚悟するも身請け後に惨殺されてしまう:2ページ目

藩主に見初められて断れず命を散らす高尾

2代目高尾は、仙台藩の藩主に見初められました。このことから仙台高尾と呼ばれるように。高尾を見初めたのは、仙台藩3代藩主・伊達 綱宗(だて つなむね)。

彼が高尾を身請けした代金は、高尾の体重と同じ重さの小判だったというから、綱宗の高尾への執心がうかがえます。しかし、高尾には島田重三郎という想い人がいました。

遊女たちが遊郭から出る唯一の道?簡単にはできなかった身請けシステムとかかった金額は?

遊女たちが遊郭から出る方法吉原をはじめとする遊郭で働く遊女たちは、病気などで死なない限り、年季が明ける前にそこから出る事は原則としてできませんでした。[caption id="attach…

藩主からの身請けを断れない状況の中、高尾は死を覚悟するのです。身請けされて隅田川を下っていく途中、高尾は身を投げようとします。

その行動に激高した綱宗によって、船から吊るされて惨殺されてしまったというエピソードがあるのです。実際のところ、このエピソードが実際の出来事だったかは定かではありません。

別の説では、綱宗と添い遂げた、三浦屋で生涯を閉じたという話もあります。しかし、高尾の悲恋は人々の涙を誘い、歌舞伎で演じられたことで江戸時代を通して語り継がれていくようになりました。

参考書籍

 

RELATED 関連する記事