歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

差別や偏見と闘い日米親善・世界平和に奔走した人生!笠井重治はかく語りき【後編】

差別や偏見と闘い日米親善・世界平和に奔走した人生!笠井重治はかく語りき【後編】

これまでのあらすじ

これまでの記事はこちら

差別や偏見と闘い日米親善・世界平和に奔走した人生!笠井重治はかく語りき【前編】

昨今、特定の国籍や人種の方を対象とした「ヘイトスピーチ」が懸念されていますが、こうした人種・民族差別は今に始まったことではなく、かつて日本人もその標的として迫害されていた歴史がありました。[c…

差別や偏見と闘い日米親善・世界平和に奔走した人生!笠井重治はかく語りき【中編】

前回のあらすじ前回の記事はこちら[insert_post id=101702]明治時代、山梨県西島村(現:南巨摩郡身延町西嶋)で生まれた笠井重治(かさい じゅうじ)は、国際社会で活躍す…

17歳で渡米した笠井重治(かさい じゅうじ)は、アメリカで人種差別・排日運動を目の当たりにしたことがキッカケで日米親善・国際協調を志し、政治家として国内外を奔走する日々を送ります。

やがて戦争の影が忍び寄ると、戦争回避のために駆けずり回る重治でしたが、努力の甲斐なくついに大東亜戦争が勃発。

止められぬ戦争の波(イメージ)。

それでも重治は戦争一色の世論に抗い続け、なおも戦争の早期終結・平和回復を訴えたために政界からも追われてしまい、失意の日々を過ごすのでした……。

伴侶の支えで立ち直り、人生最大の大仕事!

そんな重治に、終生の伴侶となるパートナーが現れます。北海道帝国大学の医学博士である葛西(かさい)とも子です。

時は昭和十八1943年、新進気鋭の弁論青年だった重治も早いもので57歳、もう初老と言ってよい歳ですが、心底彼の人柄に惚れたのでしょう。対するとも子の年齢……を調べてはいけません(笑)

「みんな戦争イケイケどんどんだけど、あんなのは新聞やラジオの報道に乗せられているだけ。今に見てなさい。戦争回避の信念に生きているあなたを散々『非国民』だ『売国奴』だなんだと罵っていた連中が、あなたの正しさを思い知る時が必ず来るから

これまでずっと独りで闘い続けてきた重治にとって、とも子の存在、そして彼女と過ごした日々はこの上ない安らぎであったことでしょう。戦後も重治が国家のため、国際平和のために奔走する気力が続いたのは、彼女の献身的な支えがあっての事と思います。

2ページ目 8月15日の敗戦。しかし重治は日本の未来を諦めない

 

RELATED 関連する記事