グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

のり弁を超絶コンパクトにしてみました風な「海苔弁風おむすび」を実食レビュー

のり弁を超絶コンパクトにしてみました風な「海苔弁風おむすび」を実食レビュー

ファミリーマートから新発売された「海苔弁風おむすび」。名前からもわかるようにこの商品、海苔弁の惣菜とおむすびを一緒にしてしまった画期的?なおむすびなのです。

さっそくお昼ごはんで実食してみましたので紹介していきます。

「海苔弁風おむすび」の外観は、海苔がフィッシュフライと磯部天、そしておにぎりの3つを優しく包み込んでいます。まさに”海苔弁風”という名にふさわしい構成。

袋を開けてみると、コンビニやお弁当屋さんの海苔弁と同じような、海苔や惣菜の香りがふわっと漂ってきます。重量感はずっしりとした、おむすびにしてはかなりボリューミーな印象。海苔弁にしては超絶コンパクト。

なんでおむすびにした?という疑問が頭をかけ巡りますが、見た感じは本当に”超コンパクトな海苔弁”という印象で、なかなか可愛いのです。

惣菜とご飯の間には醤油がかけられており、フィッシュフライにはタルタルソースがかかっています。このジャンキーな感じ、海苔弁らしさを失っておらず好感が持てます。

一見するとご飯におかずが乗っかってるだけのように見えるので「海苔弁風おむすび なのでは?」と思うわけですが、実はご飯の中にはしっかりとおむすびの定番具材”おかか”が入っているのです。ぬかりなし。

味わいは想像通り、THE海苔弁といったかんじです。買ってすぐ食べる時はレンジで少し温めてもらうと、より美味しくなると思います。あと、惣菜とおむすびを海苔で巻いただけなので、ちょっとづつ食べ進めると惣菜がこぼれそうになります。なのでここは一口、二口、三口でダイナミックにがっつくのが吉。

価格は248円(税込)でカロリーは399kcal。ゆっくりお弁当を食べる時間はないけど、おかずもご飯も食べたいときにはもってこいですね。部活帰りの高校生にもウケが良さそうなガッツリ系おむすびでした。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる