着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

見よこのエッジの効き!男の着物「和次元 滴や」の2017年秋コレクションが発表

見よこのエッジの効き!男の着物「和次元 滴や」の2017年秋コレクションが発表

男の着物ブランドの中でも唯一無二の存在感「和次元 滴や」。これまでにJapaaanでも何度かコレクションを紹介してきましたが、いよいよ2017年のAUTUMN COLLECTIONが発表されました。

デザインや使用されている素材など、今回のコレクションも滴やらしいエッジの効いた振り切れた世界感が広がっていますよ。滴やファンにとっては「待ってました!」といったところでしょう!「ベーシックな着物スタイルから卒業してみたい…」そんな人たちにとっても滴やのコレクションは魅力的に写るはず。

それでは、「『FOUR SEASONS ~滴や 装い拓き~』2017 AUTUMN COLLECTION」を見ていきましょう。

FSAC 拾漆丿零壱

【百面相ゴブラン・コーディネート】
小袖に市松状に敷き詰められた様々な著名人の顔は、緻密なゴブラン織で表現されています。『百面相ゴブラン』はモノクロの配色も潔く、《HAKAMA-SHIKI/袴式和服》に相応しいテキスタイル。

FSAC 拾漆丿零弐

【クラッシュ・ローブ】
ところどころ破れたように見えるローブは、実際には二重に構成された装飾。プリントと糸の組織によってクラッシュ感を表現しているため、生地は傷んでいないという魔術のような風土ローブです。妖しくもクールな印象のローブに、彫り装飾が施された水牛の角の玉と赤いビーズのかなめ玉クリップのアクセントが効いているコーディネート。

FSAC 拾漆丿零参

【タキシード風コーディネート】
洋装のタキシードがモチーフになった、【したたり】小袖と袴のコーディネート。小袖の衿や袖口・裾のフキ、袴の紐部分に使われたサテン地の艶やかさと、綾織の組み合わせの妙がシックでゴージャスな印象。パーティー仕様にも使えるコーディネートなのに、家庭で洗濯できる仕様がうれしいところ。

FSAC 拾漆丿零肆

【プラチナ・羽袖】
普通の羽織とは別次元のかっこよさの【和慈羽袖/WAZI-HASODE】。イタリア製のビスコースを使った表地の光沢は、まるでプラチナのよう。裏地には濃いグレーの蛇革柄プリントを施した極薄のナイロンを採用していて、メタリックなのに柔らかな風合いの不思議なSF感漂う羽織。

FSAC 拾漆丿零伍

【イタリアン・キルティングの陣パーカ】
中綿キルティングで仕立てられた陣パーカ。イタリア生地を使用しており、しなやかさ、光沢に上品さが感じられる仕上がりになっています。裏地はターコイズのほか、柄物も含めた全5種類を展開。

FSAC 拾漆丿零陸

【ゴブラン織と顔料スウェードのコーディネート】
柄の表情が立体的で重厚感があるゴブラン織で仕立てられた小袖は、美しく豪奢な仕上がりです。顔料染めのスウェード調の生地のコゲ茶の袴と合わせて、秋らしい雰囲気あふれる組み合わせ。

2ページ目 赤ベロアの風土ローブやクラッシュベロアの黒マントなどまだまだあります!

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる