歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

切り指、貫肉…客人を繋ぎ止める為なら痛くても我慢!?江戸吉原の過激な心中手段

切り指、貫肉…客人を繋ぎ止める為なら痛くても我慢!?江戸吉原の過激な心中手段

吉原で遊女と客が誓いを立てる風習である『心中』について紹介するのも、ついに3回目へと突入しました。

嘘泣き、断髪、爪剥がし!?吉原遊郭の恒例、遊女とお客の駆け引きバトルは凄まじい

吉原遊郭にはお客様に“非日常の愉しみ”を提供するにあたって、様々なしきたりがありましたが、変わっているのが様々な駆け引きでした。ここでは、お客人のアタックとそれに応じる遊女の多彩なる駆け引きの数々を紹…

遊女の誠はどこに?神罰をも恐れない吉原遊女の客人を落とすテクニック

前回は、吉原遊郭で行われていた『心中立』略して心中と呼ばれた6つの行為について『断髪』と『放爪』の2つを紹介しました。[insert_post id=58568]今回は、『起請文(きし…

本項ではとっておきの心中である『切り指』と『貫肉』を紹介させていただきます。

指を切る?回避策も存在した切り指

切り指は、読んで字の如く指を切る心中です。昔の任侠映画に出て来そうな方法です、江戸期には遊里で行われていました。方法としては、手を木枕か台に乗せ、介錯役の女性に小指の第2関節より上を切り落として貰うのですが、剃刀と鉄瓶を用いた指の切り方や失血のショックを防ぐために薬を用意したなどと、想像するだけでも痛い話のオンパレードです。

もちろん、そうした激痛に耐えられる人などそうそういるものではありませんし、大事な遊女が怪我するのを妓楼の人々も黙認は出来ないので、例によって偽装工作が広く使われました。

実際、『この子指 さてはしんこか ええ無念』と詠まれた川柳がそうした事情を端的に表しており、切り指で切った指かと思いきや、しんこ細工つまり米粉で作られたお菓子のような細工物で誤魔化された男性を詠っています。『ええ無念』と悔しがりつつも、どこか明るさが感じられるのは、吉原の遊女との駆け引きが嘘を伴うと言うのを覚悟していたのかも知れませんね。

2ページ目 もとは戦国時代の衆道から来たイタ~イ風習・貫肉

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる