歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 自由な結婚は難しかったのね…江戸時代の結婚はどんなカタチが主流だったの?

自由な結婚は難しかったのね…江戸時代の結婚はどんなカタチが主流だったの?

江戸時代の頃は、結婚はどんなスタイルが多かったのでしょうか?恋愛と同じように、身分が下の庶民ほど、結婚も自由だったようです。

身分によっても違う結婚スタイル

まず、結婚には3つのスタイルがありました。一つめは、通い婚です。男性が女性の家に通うという「通い婚」は、一部の農村で残っていたスタイルで、結婚しても、それぞれの家から解放されません。じゃ、何のために結婚するの?と思ってしまいますが、一緒になるにはその方法しかなかったのです。

二つめは、嫁入り婚です。女性が男性の家に入るスタイルで、江戸時代に一般的になったスタイルです。つまり、最初から男性の両親と同居するということ。

三つめは、独立婚です。どちらの家にも入ることなく、2人で独立します。これが、今の私たちにとっては一般的な結婚のスタイルですね。長屋の住人など、身軽に動ける人ならではの習慣だったようです。

喜多川歌麿「歌まくら」

次ページ: 自由に結婚は難しい…。どうやって結婚相手を決めていたの?

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる