歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

お抹茶だけじゃない!茶筅でおいしくクリーミー

お抹茶だけじゃない!茶筅でおいしくクリーミー

お抹茶って、ちょっと敷居の高い飲みものですよね。
日常的に飲んでいるっていう人はあまりいないような気がします。
たまにお抹茶や茶筅などのお道具を買ってみても、何回も使わないうちにお抹茶もダメになってしまって茶筅にもカビがはえてしまった、なんていうこともありがち・・・・・・。

お抹茶や茶筅を気軽に使っておいしく楽しめる方法を集めてみました。

お抹茶は茶筅じゃないと作れないの?

お抹茶をたてる時、普通は茶筅を使います。
それはなぜか、茶筅が一番クリーミーでおいしく仕上がるからです。

実際に自分で試してみたことがあるのですが、泡だて器やシェーカーでお抹茶を作ろうとすると、まず泡のキメ細やかさが作り出せません。
泡はたつのですが、ひとつひとつの泡の大きさが大きいので、どうしても舌触りがイマイチになってしまうのです。

お抹茶は粉状ですが、あれはお茶の葉の粉末ですから、完全に水分に溶けるものではありません。
茶筅でたてるときちんと均一に攪拌されるようなのですが、他の道具だとなかなかそれもうまくいかず、ザラっとした感じが残っていました。

だからやっぱり茶筅が一番!
茶筅にも種類があって、穂先の数が多い方がよりクリーミーな泡ができます。

そしてもしもお抹茶が余ってしまったら、普段たてるお抹茶よりもお湯を少なくして茶筅で練ってそこに温めた牛乳を入れて抹茶ミルクにしてしまいましょう。
お抹茶から作ると香りもよくて、ワンランク上の味わいになりますよ。

また、濃い目のお抹茶をたててバニラアイスにかけるのもおすすめ。
温かいままかければ和風アッフォガートです。

毎日お抹茶をたてない人のための茶筅活用法

①ココアを作る
ココアを作る際、まずは少量のお湯でココアパウダーを練りますが、その時に茶筅を利用します。
そうするとすごくまろやかなココアになるそうですよ。

②ホットミルクをあわ立てる
カプチーノなどにあると嬉しいホットミルク。ふわふわにあわ立っているととってもおいしいんですよね。
茶筅の扱いに慣れてくると、ものすごくふわふわの泡がたてられるそうですよ。

茶筅はお抹茶の道具!と思い込んでいるとなかなか思いつかない活用法ですが、こんなふうに毎日の生活に使っていくのも良いのではないでしょうか。
とはいっても、新品の茶筅でココアやホットミルクを作るのはもったいないので、お抹茶を楽しんでからリユースするつもりで使って下さい。

また、使い込んで古くなり、穂先がポキポキと折れてしまったら、今度は穂先を切りそろえてザルなどを洗う道具にするのも便利なようです。

実は便利な茶筅なのでした。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる