エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

進撃の巨人 実写映画の撮影地はなんと廃虚の聖地 ”軍艦島”

進撃の巨人 実写映画の撮影地はなんと廃虚の聖地 ”軍艦島”

巨人のいる世界を描く人気漫画「進撃の巨人」の実写映画化が決定し、今年に入ってスバルとのコラボCMも放送されたのは記憶に新しいですが、実写映画の続報が入ってきました。

まず1つ目の発表は主演俳優が三浦春馬に。そして巨人が支配する世界を描く撮影地は廃虚の聖地とも言われる ”軍艦島” を予定しているそうです。

800px-Nagasaki_Hashima_01軍艦島

軍艦島は長崎県長崎市にある端島(はしま)のことで、 軍艦島の名は通称。かつて海底炭鉱で栄えていましたが現在は無人島となっています。栄えていたころの住居等が廃墟と化し、時が止まっているかのような風景がとても印象的です。

軍艦島での撮影はまだ予定段階とのことですが、もしも ”軍艦島”での撮影が実現すれば進撃の巨人ファンはもちろんのこと、軍艦島、廃墟フリークにとってもこの映画は期待のものとなるでしょう。軍艦島のファンは結構いますからね。

なお、進撃の巨人の実写映画は2015年、東宝系にて公開予定となっています。

こちらが話題となったスバルとのコラボCM。

 

RELATED 関連する記事

 
閉じる