ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

こういう妄想好き♡江戸時代にGoogleマップがあったら…な地図がオモシロい(笑)

こういう妄想好き♡江戸時代にGoogleマップがあったら…な地図がオモシロい(笑)

Twitterでとある地図が話題になっています。その地図とは…

「江戸時代(1840年頃)にGoogleマップがあったら…」

という妄想で作られた東京周辺の地図。お馴染みのGoogleマップの画面…と思いきや、そこに書き込まれた地名や道路は、江戸時代のそれに習って変更が加えられているのです。

@chizutodesign さんのTwitterより

地名や街道の名前は今日でも使われているものが多く、そこがまた地図好き、地形好きの心を掴みます。

この地図を作成したのは @chizutodesign さん作成にあたって天保国絵図、富士見十三興地全図、迅速測図などを参考にしたそうで、地図を見た人たちからの指摘に耳を傾けて、内容をアップデートし続けているのもステキ!

最終的には主要な神社や関所なども加えられています。

そして経路検索っぽいものまでwww

江戸時代に経路検索があればお遍路や伊勢参りがどんだけ楽になったことか。

作成された地図に対してのコメントもなかなかマニアックなものが多いので、地図好きさんはぜひツイートをチェックしてみてください!

地図とかデザインとか(@chizutodesign)さん on Twitter

 

RELATED 関連する記事