和菓子 - グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

和スイーツもたくさん!ローソンが桜や苺を使った新作スイーツを全13品発表

和スイーツもたくさん!ローソンが桜や苺を使った新作スイーツを全13品発表

ローソンが春を感じるスイーツを本日26日に新発売しました。26日発売の新商品は一気に6品!桜の葉や桜の花びら、苺、よもぎなど、春ならではの素材をふんだんに使用されています。

「スプーンで食べる春薫る桜生どら焼」270円

風味豊かな北海道産小豆を使用した粒あんと桜クリームを、もっちりとしたどら焼き生地で2段重ねにした、スプーンで食べるデザート。見た目もユニークな和スイーツですね。

「春薫る桜和ぱふぇ」285円

桜と相性の良い抹茶ムースの上に、桜の葉から抽出した”桜葉エキス”を白餡に練り込んだ「桜餡」と「道明寺」、生クリーム、塩漬けした桜の花びらを彩りよくトッピングしています。

「春薫る桜シュークリーム」180円

葉エキスを使用した桜クリームと桜もち風もちソースをシュー生地の中に入れた、桜の香りや風味を楽しめるシュークリーム。

「桜餅(こしあん)」 150円

桜葉の漬け汁で自然な風味づけをした餅生地に、北海道産小豆を使用したすっきりとした甘さのこしあんを包んでいます。

「桜と小豆のよもぎ蒸しぱん 2個入」 125円

宮城県産よもぎを練り込んだもっちりとした食感の蒸しぱん生地に、北海道産小豆の甘納豆と桜花の塩漬けをトッピング。

「桜香るあんぱん 5個入」 130円

国産桜葉入り桜餡を、しっとりした口どけの良いパン生地で包んでいます。

Japaaanとして気になるのは2段重ねの「桜生どら焼」でしょうか。現在ファミリーマートでは榮太樓總本鋪が監修した大人気の「生どら焼」が再発売されていますので、食べ比べてみたいところ。

榮太樓總本鋪 監修の極上コンビニ和スイーツ「黒みつしみうま 生どら焼」が再発売決定!

2018年で創業200周年を迎えた老舗の和菓子店・榮太樓總本鋪が監修した生どら焼「榮太樓總本鋪監修 黒みつしみうま 生どら焼」が、昨年ファミリーマートで発売。Japaaanでもレビューしましたが、…

3月5日には和菓子屋・八天堂とコラボした苺を使ったスイーツが発売され、3月12日、3月19日にもよもぎや苺を使用したスイーツが続々登場。今回の新作スイーツは全部で13品となります。

ローソンの新作スイーツラッシュ、楽しみに待ちましょう!

ローソン公式サイト

 

RELATED 関連する記事