グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本とインドのカレー比較!インド人もレトルトカレーがお好き?【国変われば文化も変わる】

日本とインドのカレー比較!インド人もレトルトカレーがお好き?【国変われば文化も変わる】

日本でもおなじみのカレーは、インドからどのように伝わってきたのでしょうか?そして、インドのカレーってどんなもの?日本とインドのカレーにまつわるあんなこと、そんなことについてまとめてみました。

日本・インドのカレーを比較

日本のカレーといえば、ジャガイモ・人参・玉ねぎが定番の具材ですよね。そしてスプーンを使って食べます。一方インドのカレーは、小麦粉でとろみをつけず、水気が多くスパイシーなスープが多いのが特徴です。

カレー粉も使わず、ターメリックやクミン、カルダモンなどありとあらゆるスパイスをミックスします。肉のカレーや魚介のカレーはもちろんありますが、そのほかに野菜のカレーや豆のカレーなど、カレーといっても実にさまざま。

そして、右手を使って食べるのがインド流。スプーンを使わず、葉皿に汁が残ったら手のひらですくいあげるようにして飲むのですが、これは日本人が一日や二日で簡単にマスターできるワザではありません。

さらに、インド人は、カレーを作り置きしないそう。毎食ごとにつくり、熱いうちに平らげるのが彼らのこだわりなのだとか。

2ページ目 カレーはどうやって日本に伝わったの?

 

RELATED 関連する記事