ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

平年並みかちょっぴり早め。2019年の桜の開花・満開予想が早くも発表されました

平年並みかちょっぴり早め。2019年の桜の開花・満開予想が早くも発表されました

新年を迎えて半月が過ぎました。春の訪れを実感するのはまだ先になりそうな寒い日が続いていますが、早くも2019年の桜の開花予想が発表されました。

発表されたのは日本気象による、北海道から鹿児島までの約1,000か所の桜の名所及び各都市のソメイヨシノの開花日・満開日の予想となっています。

日本気象によると、高知で全国に先駆けて3月18日に開花がスタートし、続いて九州地方でも開花し始めると予想。東京は平年よりも4日早く開花。満開は29日頃と予想しています。

開花時期

北日本:平年並み
東日本:平年並みか、平年より早い
西日本:平年並みか、平年より早い

さらに、お花見に適した週末が分かる「お花見ベスト週末」も発表。2019年は高知では全国に先駆けて3月23、24日が、東京をはじめ九州・東海地方などではその翌週の3月30、31日がお花見に適した週末に。4月最初の週末には関東・近畿・四国地方などでお花見にぴったりな週末になると予想しています。

さすがにお花見の予定を立てるのはまだまだ早いですが、例年と比較して早咲きか?遅咲きか?の参考にはなると思います。
春よこい♪

2019年桜の開花・満開予想(第1回)を発表

 

RELATED 関連する記事