歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

フランシスコ・ザビエルのあのヘアスタイル、実はハゲているわけではなかった?

フランシスコ・ザビエルのあのヘアスタイル、実はハゲているわけではなかった?

以前、筆者は、フランシスコ・ザビエルについてまとめさせていただきました。

日本にキリスト教をもたらしたフランシスコ・ザビエル。意外と知られていないザビエルのその後

ザビエルは、イエズス会に所属していた宣教師のことでわが国に初めてキリスト教をもたらした人物として日本では知られています。彼の肖像画を見て、「あ!あの人ね」と思い出す読者も多いのではないでしょうか。…

さて、ザビエルのあの独特なヘアスタイルですが、剥げているわけではありません。あの独特なヘアスタイル、実は「トンスラ」といって頭頂部を剃るキリスト教特有のものだったのです。「トンスラ」とは、ラテン語で「髪の毛を剃ること」。

つまり「剃髪」そのもののことを指すわけです。

ところが、そもそもザビエルの髪形はトンスラではなかった可能性があります。

学校の歴史の教科書にもよく使用されているこの肖像画、実はザビエルの死後80年ほどたった1619年以降に、日本人によって描かれたものと考えられています。

16世紀の日本には宣教師によって建てられた学校があり、そこでは簡単な宗教画の制作方法も教えていました。ザビエルの肖像画は、学校に持ち込まれた銅板画を基に絵の技法を学んだ日本人によって描かれたものだと考えられています。

2ページ目 ザビエルの所属したイエズス会はトンスラの習慣がなかった?

 

RELATED 関連する記事