歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

170年以上も続く友情!今も深まるジョン万次郎と彼を救ったホイットフィールド船長の交流

170年以上も続く友情!今も深まるジョン万次郎と彼を救ったホイットフィールド船長の交流

アメリカ船に拾われたジョン・万次郎

19世紀半ば、漁の最中嵐に遭い、アメリカ船に拾われたジョン・万次郎こと中濱万次郎。当時彼を助けた捕鯨船は、ジョン・ハウランド号という船で、ウィリアム・ホイットフィールド船長によって運航していました。

14歳で遭難・漂流し、アメリカへ渡った中濱万次郎

万次郎は、そのまま船に乗ってアメリカにわたると、ホイットフィールド船長の養子となって英語や航海術などを学びました。漂流してから十年後、ようやく日本に帰国することが万次郎。当時の日本では海外渡航が禁止されていたため、日本人が見たこともない文明社会で生きた万次郎は、幕府や後の新政府双方に重宝されたといわれています。

万次郎を遭難から救ったジョン・ハラウンド号の船長。

特に、1854年にアメリカとの間で結ばれることになる日米和親条約締結の陰の功労者として、その後の日米関係に大きな役割を果たしました。

2ページ目 ジョン・万次郎とホイットフィールド船長との友情

 

RELATED 関連する記事