着物・和服 - ファッション - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

圧倒的存在感!男の着物「和次元 滴や」が公開した2018冬コレクションが相変わらずのカッコよさ!

圧倒的存在感!男の着物「和次元 滴や」が公開した2018冬コレクションが相変わらずのカッコよさ!

独創的で魅了的な男着物を次々と発信している京都の「和次元 滴や」が、季節ごとに新作を発表する「FOUR SEASONS」にて2018 WINTER COLLECTIONが公開されました。

今回は寒い冬に防寒で羽織る「外套(がいとう)」が中心のラインナップ。着物に合わせるほか、洋服に合わせても面白いコーデができそうなアイテムが揃っています。

男着物での新しいスタイリングの提案もされているから、着物好きの男子はもちろん、パートナーに着物を着せたい人も要チェックです。それでは滴やの2018 WINTER COLLECTIONを見ていきましょう。

メタリック・ボルドーの羽袖:FSWC 拾捌丿零壱

メタリックな光沢感と木肌の様にいびつな立体感のある表情が印象的な和慈羽袖。表地はイタリア製のふくれ二重織で、見た目のボリュームに反して、とても軽量。両袖を肩で結び絡める着こなしは、ふくれ二重織の光沢素材が持つ立体的な表情と相まって、和慈羽袖の最大の特徴である着こなしの変幻自在さをより際立たせています。

天鵞絨のマント:FSWC 拾捌丿零弐

マントの表面には、ハラコ革を模した毛並みがあり、その毛並みにより生み出される光沢の模様が艶やかで美しい。 毛羽の光沢といい、深いグリーンといい、いかにも天鵞絨(ビロード)と呼ぶに相応しい。

赤・ツイードの二重廻し:FSWC 拾捌丿零参

モヘアやアルパカが織り込まれた上質なツイードの二重廻しコート。表のツイードの織糸には、太さにムラや節があり、ネップが入った綾織のドニゴール・ツイード。 裏地は、鮮やかなエンジのベンベルグ。 くすんだエンジのボタンもシンプルで、表地を邪魔しません。

2ページ目 アールデコなモダンな和慈羽袖など…

 

RELATED 関連する記事