日本画・浮世絵 - アート - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

これは圧巻!葛飾北斎のあの大波「神奈川沖浪裏」がなんとロシアの団地に描かれる!

これは圧巻!葛飾北斎のあの大波「神奈川沖浪裏」がなんとロシアの団地に描かれる!

江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎。彼の残した作品は日本のみならず世界中で評価されています。

北斎には数多くの名画が存在しますが、中でも富嶽三十六景のうちの「神奈川沖浪裏」は人気が高く、さまざまなアーティストが「神奈川沖浪裏」をモチーフとした作品やファッションアイテムを発表しています。

以前、Japaaanでは北斎が波を描き始めてから「グレートウェーブ」に至るまでの長い軌跡を紹介しました。

最初から天才なんていない!葛飾北斎の「波」が完成されていく経過を追ってみました

海外では「グレートウェーブ」と呼ばれる葛飾北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。北斎の画業を代表するこの作品、なんと北斎72歳の頃に描かれたもの。決して一朝一夕でできた作品ではありませんでした。今回は…

そんな北斎の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」が、ロシアの首都モスクワの団地に壁画として描かれ話題となっています。その壁画がこちら。

これは圧巻!

写真はモスクワのソビャニン市長が公式Twitterで紹介したもので、6棟ある団地の壁面に北斎の名画が描かれています。サイズは6万平方メートルにも及ぶそうです。

この街の公式インスタグラムでも近距離の写真を公開しており、間近で見ると神奈川沖浪裏とはまた違ったアート作品になっていて面白いです。

‼️Так как многих жителей очень волнует вопрос проезда, то сообщаем, что сейчас можно выехать/въехать в комплекс около 1ой и 6 ой башни. Проезд вдоль ФОКа пока закрыт ещё. #эталонсити#жкэталонсити#жилойкомплекс#жилойкомплексэталонсити#башни#башнитокио#спорт#дорога#фитнес#бутово#южноебутово#новостройка#новостройки#фитнес#фитнесклуб#жизньнашегожк#строительство#сдачадомов#etaloncity#newbuilding#archidays#road#color#butovo#moscow#instamoscow#russia#snow#autumn

ЖК Эталон-Сити в Южном Бутовоさん(@etalon.city)がシェアした投稿 –

幾年もの時を経ても北斎作品の魅力が普遍であることを証明する、とても興味深いプロジェクトではないでしょうか。

異国の地で自身が描いた大波が6万平方メートルにも及ぶ壁画になったことを北斎先生がしったらどんなコメントを残しますかね。

 
 

RELATED 関連する記事