観光・地域 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

実は「東京都荒川区」に荒川は流れていない。なのにどうして荒川区なの?

実は「東京都荒川区」に荒川は流れていない。なのにどうして荒川区なの?

東京都荒川区は東京都の北東部に位置し、台東区、文京区、北区、足立区、墨田区に隣接しています。この辺りは西日暮里の一部を除いて標高の低い平坦な地形になっています。江戸時代には農村地帯でしたが、明治以降、工業地帯が形成されました。

荒川区という区名なので、区内に荒川が流れていると思い込んでいる読者も多いのでは?

ところが、実は東京都で荒川が流れているのは足立区で、荒川区には荒川は流れていないのです。荒川区を流れているのは隅田川。

荒川区は荒川が流れていないのにどうして区名になったのでしょうか。

江戸時代、荒川の下流は俗称として「隅田川」とも呼ばれていました。ところが、幕府の行った工事により、荒川の流域では洪水が発生するようになりました。

2ページ目 河川法によって荒川区の荒川は隅田川に…

 

RELATED 関連する記事