歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

陰間は美少年だけがなれる?若さはいつまでも維持できないもの、陰間は期間限定だった

陰間は美少年だけがなれる?若さはいつまでも維持できないもの、陰間は期間限定だった

江戸時代、芳町といえば陰間茶屋が多いことで有名でした。最盛期には100人以上の陰間がいたというから、かなり繁盛していたのでしょう。遊興費は、吉原の最高級の遊女と同じくらいだったそう。

ところで、この陰間は舞台に立てなかった女形が大半でした。だから、陰間は美少年ばかり。ちなみに、当時「野郎」は「歌舞伎俳優の美少年」という意味だったそう。つまり、陰間は「歌舞伎俳優として活躍することを諦めた」女形なのです。

歌舞伎役者として生き残るのは、そう簡単なことではありません。人気が出ない役者は、地方巡業に回されてしまうことも。地方で売れっ子になるより、やっぱり江戸にとどまりたいという想いが強いと、陰間としての道を選択することになるのです。

見た目は女そのものだけど…

若くてほっそりとした陰間は、中性的な魅力がありました。男らしさというより、女らしさ寄りでしょうか。成人式を迎えてない男の子は、男として扱われなかったともいわれています。陰間茶屋に向かう陰間は、身なりは女そのものだから、一見男とはわかりません。

茶屋で売春?男色を売る男娼までいた?江戸時代には色んなタイプの茶屋があった

先日は、江戸時代に浮世絵などにも描かれるほどアイドル的な人気を誇っていた、茶屋で働く茶屋娘を紹介しました。[insert_post id=75359]茶屋はお客にお茶や和菓子を提供する喫茶…

でも、よく見ると、野郎帽子という帽子をつけて、帯に小刀を差していたりと、歌舞伎俳優とわかることがあります。彼らが男という現実を突きつけられるのが、性交のときです。猛々しいものが露わになると、美しい顔とのギャップにどん引きしてしまう人も、中にはいるようで。綺麗な陰間ほど、そのギャップは大きかったのでしょうね。

2ページ目 陰間は期間限定だった?

 

RELATED 関連する記事