歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

陰間は美少年だけがなれる?若さはいつまでも維持できないもの、陰間は期間限定だった

陰間は美少年だけがなれる?若さはいつまでも維持できないもの、陰間は期間限定だった

陰間は期間限定だった?

陰間と呼ばれるのは12、13歳から17、18歳くらいまで。この時期は、男客の相手を務めます。ひげ抜きをしたり、お化粧をしたりと、きれいでいるための努力を惜しみません。でも、若さはいつまでも維持できないもの。成長とともに、男色に向かない体になってしまいます。

18歳から20歳くらいの間は、陰間にとって最もつらい時期かもしれません。男の客からも敬遠され始め、かといって女の相手をするのもまだ慣れていないので、女の客を十分満足させることもできないのです。

男娼がいる江戸時代の「陰間茶屋」客は男性だけではなく女性にも人気だった?

吉原に通う人がいる一方で、陰間茶屋に通う人もいました。陰間というのは男娼のことで、陰間がいる茶屋は陰間茶屋または野郎屋と呼ばれることも。全国各地にありましたが、その中でも有名だったのは芳町です。宝暦(…

20歳を超えると年増陰間と呼ばれ、女客をあしらうのも上手になってきます。年増陰間にぞっこんになり、素人の男を相手にしなくなる客も多数いたとか。

参考文献:女子のためのお江戸案内大江戸ものしり図鑑江戸の艶本と艶句を愉しむ

 

RELATED 関連する記事