歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

FGO効果で再ブレーク!幕末の人斬り岡田以蔵の魅力に迫る

FGO効果で再ブレーク!幕末の人斬り岡田以蔵の魅力に迫る

以前、幕末の剣客岡田以蔵の辞世の句を紹介しました。

江戸幕末の人斬り・岡田以蔵の辞世の句が切なすぎて泣ける

岡田以蔵。「人斬り以蔵」とも呼ばれる彼は、幕末四大人斬りの一人です。土佐藩の武市瑞山(半平太)率いる土佐勤王党の走狗となり、文久二年頃から「天誅」と称して安政の大獄に関与した人物等を次々と襲い、京…

そんな以蔵が、ゲーム「Fate/Grand Order」をきっかけに現在再ブレークしているのだとか。

画像 岡田以蔵、出典元 FGO攻略まとめwikiより

今回はそんな岡田以蔵の魅力はなんなのか、改めて考察してみます。

天才剣士なのにガラスハート

以蔵の魅力の1つとして、めちゃくちゃ腕は立つのに、ガラスのハートすぎるというギャップがあります。

「人斬り以蔵」と呼ばれるほどの腕を持つ剣士なのに、捕まった際にいざ拷問を受けると女でも耐えたような拷問にも泣きわめき、師匠の武市半平太には手紙で「泣きみそ」と罵られています。このギャップがファンの心をつかみ続ける理由の1つではないでしょうか。

2ページ目 武市半平太との歪んだ師弟関係

 

RELATED 関連する記事