ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

江戸時代の庶民にも名字があった?名字に込められた土地と人との大切な関係

江戸時代の庶民にも名字があった?名字に込められた土地と人との大切な関係

あなたの名字は、何ですか?どんな由来があるか、知っていますか?

「なんか学校で『庶民に名字なんてなかったから、明治時代にテキトーに作った』みたいなことを聞いたけど?」

田んぼの中に住んでいるから「田中」、山の中に田んぼがあったから「山田」とか……

「江戸時代は、武士以外に名字なんてなかったんでしょ?」「どうせウチなんて、大した家柄じゃないから農民だったに決まってるよ」

今まで、そんなリアクションに数多く接して来ましたが、決してそんな事はありません。

渓斎英泉「木曽街道 上尾宿」

名字=ファミリーネーム

まず、江戸時代だって、みんな名字を持っていました。

それじゃあ授業で習った武士の特権「苗字帯刀」と言うのは……という疑問が出てきますが、それはあくまでもフォーマルな場での話。例えば、公式文書に記載したり、公の場で名乗ったりするのは許されなくても、みんな名字を持っていて、必要な場面では使って(呼んで)いました。

名字はファミリーネームなので、どんな身分であろうと「どこの家の人か」くらいは判らないと困るからです。

2ページ目 名字=苗地=名地

 

RELATED 関連する記事