歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

百人一首に歌を取り上げられた天皇にはある共通点があった:鎌倉時代編

百人一首に歌を取り上げられた天皇にはある共通点があった:鎌倉時代編

@
2018/05/13

激動の平安末期〜鎌倉時代を生きた2人の天皇

『小倉百人一首』は、奈良時代の2人の天皇の歌で始まり、鎌倉時代の2人の天皇の歌で終わっています。百人一首に取り上げられた天皇の多くは、政治的に不遇だったなど、何らかの「ワケアリ」の治世を送った天皇でした。さて今回は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて生きた2人の天皇に注目してみました。

後鳥羽院

人もをし 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆえに もの思ふ身は

99番目の歌の作者である後鳥羽院は、高倉天皇の第4皇子・尊成(たかひら/たかなり)親王として誕生した第82代天皇です。
異母兄には、壇ノ浦の戦いで平家とともに海に沈んだ第81代・安徳天皇がいました。

(画像出典:後鳥羽院像(伝藤原信実筆、水無瀬神宮蔵)/Wikipediaより)

彼の生きた時代は、平氏の全盛と滅亡、そして源氏の台頭とまさに激動の時代でした。権力を握った平清盛は、娘の建礼門院徳子の産んだ皇子である安徳天皇をわずか満1歳4ヶ月で天皇に即位させましたが、安徳天皇は平氏の形勢悪化に伴い、平家一門に連れられて都落ちしました。

天皇の不在は、政務が滞ることに繋がります。そこで院政を行っていた後白河法皇の院宣により、安徳天皇の弟である後鳥羽天皇がわずか4歳で即位したのでした。この時安徳天皇は退位をしていなかったため、平家滅亡までの2年間、2人の天皇が同時に在位するという異例の事態となりました。

後鳥羽天皇は建久9(1198)年に天皇の位を第83代・土御門天皇に譲り、上皇となって院政を行うようになりました。しかし彼はやがて権力を握るようになった鎌倉幕府と対立、「承久の乱」を起こすに至ります。

ここで敗退した後鳥羽院は隠岐島に配流とされ、延応元(1239)年に崩御されました。当初の追号は「顕徳院」でしたが、仁治3(1242)年6月、九条道家の提案により現在知られている「後鳥羽院」に改められました。

百人一首に取り上げられたこの歌からは、そんな激動の世を生きた後鳥羽院の思いが伝わって来るようです。

2ページ目 「承久の乱」に参画したことで、佐渡へ流された順徳院

 

RELATED 関連する記事