エンターテイメント - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

日本の絶景の数々を8年かけて4K解像度で映画化「ピース・ニッポン」予告編が公開

日本の絶景の数々を8年かけて4K解像度で映画化「ピース・ニッポン」予告編が公開

こういったものこそが4K映像を存分に堪能できる作品なのかも!

日本の絶景の数々を4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」の予告編映像が公開されました。

「ピース・ニッポン」は、8年もの歳月をかけて撮影した全国47都道府県の絶景の数々が登場するドキュメンタリー映画で、撮影された場所は200箇所以上にものぼります。

監督は映画「TAJOMARU」や様々なアーティストのPVを手がける中野裕之監督が務めています。そして作中のナビゲーター(ナレーション)には小泉今日子さん、東出昌大さんが担当。

7日に公開された予告編映像では、桜咲く春に撮影された富士山から始まり、北海道の釧路湿原や栃木県の華厳滝など日本の絶景が美麗映像で登場。「本当の日本の美しさを あなたは知っていますか?」という言葉が心に刺さります。

中野監督は「この映画は、日本を映像や写真や音声で後世に遺すプロジェクトが作り上げた、日本の美しい映像を見ながら、日本人の精神の歴史や全国の美景を一度に見ることができる、いわば日本のベスト盤です」とコメントしています。

日本全国の絶景と日本人の精神の神秘に迫る、極上の映画体験「ピース・ニッポン」は、7月14日(土)から新宿バルト9ほかで全国ロードショー。

 

映画『ピース・ニッポン』公式サイト

 

RELATED 関連する記事