グルメ - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

はなまるうどんから、昨年話題になった「うどん県のそうめん」が今年も登場!

はなまるうどんから、昨年話題になった「うどん県のそうめん」が今年も登場!

讃岐うどんの「はなまるうどん」が、昨年登場して話題を呼んだ「うどん県のそうめん」を今年も販売すると発表しました。

うどん屋さんのはなまるうどんが何でそうめん?という疑問が湧くわけですが、はなまるがサポートしている「さぬきうどん未来遺産プロジェクト」 の中で、讃岐うどんにまつわるインタビューを行っている際に「そうめん」が多く登場し、元々うどん店を営んでいてそうめんも始めたひとなど、うどんとそうめんは古くから繋がりがあったそう。そんなことから、昔ながらのそうめんを提供することになったんだとか。

うどん県「香川県」でも夏には普通にそうめんを食べているとおもいますが、商品名を「”うどん県”のそうめん」としたところはナイスネーミングですね。

はなまる「うどん県のそうめん」は前述のように昔ながらのそうめんで、つけだしは、いりこ出汁のツユにみりんを加えて甘みのある付け出しに仕上げられています。また、薬味には「蒸し鶏ほぐしの練り梅添え」「錦糸卵」「オクラの鯛味噌ゴマ和え」の3品が付いてくるのもうれしいですね。

「うどん県のそうめん」は5月18日(火)から全国の「はなまるうどん」(※一部店舗を除く)で発売スタートです。価格は480円(税込)。

 

讃岐うどんのはなまるうどん

 

RELATED 関連する記事