歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

紫式部が仕えた一条天皇の中宮、12歳で天皇に入内した平安時代のプリンセス 藤原彰子

紫式部が仕えた一条天皇の中宮、12歳で天皇に入内した平安時代のプリンセス 藤原彰子

@
2018/04/20

意外と人物像は知られていない?平安時代のプリンセス 藤原彰子

中宮・彰子(しょうし・あきこ)は、清少納言の仕えた皇后・定子亡き後、一条天皇の唯一の正妃となった女性です。藤原道長の長女で、『源氏物語』の作者として知られる紫式部や、歌人として名高い赤染衛門・和泉式部などが女房として仕えていたことでも有名ですね。

画像出典:いらすとや

天皇に入内したときはまだ12歳と幼かったものの、時の権力者であった父・道長の後ろ楯もあり栄華を極めた、平安時代のプリンセス。しかし意外にも彼女の人物像や、その栄華の後の晩年については、あまり知られていないのではないでしょうか?

2ページ目 権力者の父の意に反し、亡き皇后定子の子を次期天皇に推した彰子

 

RELATED 関連する記事