歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

アニメ化決定!話題作「アンゴルモア」に登場する北条時宗ってどんな人?天の巻

アニメ化決定!話題作「アンゴルモア」に登場する北条時宗ってどんな人?天の巻

周囲は敵だらけ…時宗は決断を迫られる!

フビライ

日本に高圧的な書状を送ったモンゴルは、開祖であるチンギス・ハーン(ジンギスカン)の時代から領土を拡張し続け、その孫にあたるフビライは中国の大半を支配して元を建国し、その勢いは空前絶後のものでした。華北には女真族の金、朝鮮には高麗(こうらい)が栄えていましたが、いずれもモンゴルの軍門に下っていました。

当初、これらの国々は元に反抗的でしたが、フビライは地元の指導者を優遇して忠実な配下にしていきます。『アンゴルモア』では高麗の王族・諶(じん)や中国の将軍・劉復亨(りゅうふくこう)などが登場しますが、彼らもそうした経緯で元に忠誠を誓った人々でした。日本から見れば、彼らは当然悪役ですが、諶や劉達の活躍もなかなかに魅力的で、敵が他のドラマも見どころ満載です。

大陸も半島も敵の支配下となり、対立していないのは僅かに華南の南宋(なんそう)のみと言う状況下で、時宗は執権に就任しました。その時、時宗は18歳の若さでした。次回からは、元を相手にした時宗の戦いを紹介します。

画像:Wikipedia『北条時宗』『クビライ』『元寇』より

 
 

RELATED 関連する記事