日本最大級の祭典!桜をテーマに名工による江戸切子が集結「江戸切子桜祭り2018」開催

日本最大級の祭典!桜をテーマに名工による江戸切子が集結「江戸切子桜祭り2018」開催

春の銀座で、江戸切子の作品が大集結するイベント「Love Nippon! 江戸切子桜祭り2018」~第30回 江戸切子新作展~が開催されます。

2018年4月6日(金)~4月8日(日)、日本のオリジナリティあふれる逸品だけを扱う藤巻百貨店が、江戸切子協同組合に特別協力して開催される江戸切子新作展。今回は30回目記念として、銀座で初開催となりました。会場は、江戸切子をモチーフにした銀座のランドマーク、東急プラザ銀座6Fキリコラウンジ。

今回の新作展では「桜」をテーマにした会場に、江戸切子の名工が魂込めて切り出したダイナミックな作品が一堂に会します。希少な一点ものの作品や高級江戸切子を含む200点以上がずらりと並ぶとのこと。

このほか、各工房や若手職人による出品商品の特別販売、伝統工芸士 篠崎英明・根本達也による新作展入選作品解説、江戸切子体験ワークショップなどの魅力的なコンテンツがいっぱい。江戸切子新作展史上、最も豪華なイベントです。

藤巻百貨店のECサイト上では今回のイベントと連動して特設サイトも開設されています。「特設江戸切子販売コーナー」や「体験ワークショップ事前予約」、江戸切子新作店初となる「出品作品へのWeb投票」も予定されています。特設サイトでは詳細情報も続々公開されるとのことなので、チェックしてみて下さい。

江戸時代後期から江戸で始まった日本の伝統ガラス細工の江戸切子。一つ一つが職人の手によって刻み込まれる文様は、和の伝統文様だけでなく新しいデザインも日々生み出されています。

江戸切子がモチーフとなった場所でのメモリアルイベントとなる同展は、まさに江戸切子の日本最大級の祭典。4月の銀座で花開く江戸切子を眺めにお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

特設サイト:江戸切子桜祭り 2018 – 藤巻百貨店

 

RELATED 関連する記事