歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 なめくじり、相舐め…江戸時代の夜の営みでの技の呼称がパワーワードすぎる

なめくじり、相舐め…江戸時代の夜の営みでの技の呼称がパワーワードすぎる

気が遠くなる…100回もあんなことを?

遊女となると、気持ちよくなってもらうのが仕事ですから、そのためには努力を惜しみません。口や舌を使ったテクニックも駆使します。たとえば超特大な男根となると、硬くなったものをそのまま女陰に受け入れるのは、とても無理でした。

それではどうしたかというと、まずは両手で揉みあげて、亀頭部に唾を付けるんだそう。そして、雁首の皮の根際をこするのです。するとますます立派になるわけで、はたまたどうしたものか。赤黒くなり血管が膨れ上がったタイミングで、口にくわえるのです。そのまま唇で締めて、舌先で男性の鈴口(亀頭)を押さえ、なんと100回近く抜き差しするというテクニック…江戸時代に、すでにそんなテクニックがあったとは、恐るべしですね。100回って、気の遠くなるような回数です。

しかし、まだまだ続くのです。先走りの駅が口の中に溜まっても、そのままであと100回ほどほおばっていないといけないのです。ここまでくると、遊女にとっては忍耐そのものですね。こんな風にして、口や舌を使ってから、交合することもあるのです。ちなみに、巨大な男根の場合は、根元まで挿入せず男茎を手で持って、深く入らないように工夫していたんだとか。

舐めたり舐められたりするのが好きなのは、やはり男の方が多かったようですが、勉強熱心?な女も、負けじと好きだったのかもしれませんね。

参考文献:江戸の性愛術、江戸の艶本と艶句を愉しむ

 

RELATED 関連する記事