歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

2018年箱根駅伝を観戦しよう 箱根の名物あれこれ。駅伝観戦のあとはグルメ、温泉、工芸品で箱根満喫!

箱根の名物あれこれ。駅伝観戦のあとはグルメ、温泉、工芸品で箱根満喫!

マトリョーシカのルーツ!?箱根の民芸品

箱根のお土産として有名なのが、色や種類の違う木材を数種類組み合わせて作られ、国の伝統工芸品として指定されている「箱根寄木細工」です。

日本の伝統文様として知られる「市松」「矢羽根」「麻の葉」などの文様が、「木象嵌技法」という特殊な製法を用いた複雑な木の色合いの組み合わせのみで描き出されていて、その精巧さと美しさには思わず目を奪われます。

箱根駅伝で往路優勝したチームに授与されるトロフィーは、金指ウッドクラフト社製の箱根寄木細工で作られたもの。

アクセサリーやキーホルダー、お盆や菓子皿などに加工された実用的なものの他、「からくり箱」「ひみつ箱」など、お子さんが喜びそうな商品もたくさんありますので、箱根のお土産にいかがでしょうか?

また、ロシアの民芸品として知られる「マトリョーシカ」は、元は箱根を訪れたロシア人によってロシアへ持ち帰られた箱根の七福神の入れ子式人形がルーツであると言われています。

ロシアの民芸品マトリョーシカのルーツは日本の「入れ子人形」らしい

ロシアの民芸品「マトリョーシカ」。お土産としても定番中の定番ですが、ひとつひとつ手作りですから、同じものが存在しません。このロシア特有の人形が実は日本が発祥だと言われています。マトリョ…

日本国内だけでなく、海外の人をも魅了する見所がいっぱいの箱根。箱根駅伝の応援の後は、そんな箱根も思いっきり満喫してみたいですね。

 

RELATED 関連する記事