歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 犬は放し飼いだった?江戸時代のペットの定番といえば、こんな動物が人気でした

犬は放し飼いだった?江戸時代のペットの定番といえば、こんな動物が人気でした

犬や猫の他にも、ペットいろいろ

ペットは犬や猫だけじゃありません。小鳥のウグイスやウズラなどを飼う人もいたようです。

他にも、虫の音色を楽しめる鈴虫や松虫、蛍、コオロギ、キリギリス、クツワムシなどたくさんの種類が飼育されていました。屋台で気軽に虫売りから飼えるので、きっと子供が親に「あの虫飼ってほしいよぅ」とおねだりしていたのかも?

『虫籠持ち美人』鈴木春信

浮世絵の題材にもなっている金魚もペットの定番で、値段もピンからキリまでありました。今のようにガラス鉢に入れて金魚を鑑賞するのは、ごく一部の裕福な者だけだったそう。リサイクル上手な江戸っ子のことですから、家にあるものを上手に活用して金魚を飼っていたのでしょう。

虫の鳴き声を楽しんだり、犬や猫を可愛がったりと、ペットは江戸っ子にとっても癒しの存在でした。みんなに可愛がられ、動物にとってもきっと住みよい環境だったのでしょうね。

参考文献:大江戸探検隊(2003)『イラスト図鑑 大江戸暮らし―武士と庶民の生活事情』 
参考サイト:ペットの専門店コジマ

 

RELATED 関連する記事