歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

そうだったの?江戸時代 荷物届くのに4日も!?遊女のための配達人もいた、江戸時代の通信手段いろいろ

江戸時代の通信手段はどんなものがあったのか?

遊女のための配達人

もう一つ、配達人といえば、文使いという人たちがいました。彼らは、吉原や品川の遊女にとって、なくてはならない存在です。妻子ある男や商家の若旦那に、いわば営業用の恋文をマメに送るため、遊女たちが書く手紙の量はハンパじゃありませんでした。

大量の手紙を運ぶ文使いは、遊女が払う正規の運び賃にプラス、手紙を受け取る男からのチップももらえたから、万々歳なのでした。

荷物は少しでも早く届いたら嬉しいけど、手紙よりメール。メールよりLINE…とどんどんスピーディーになると、なんだか「待つ楽しさ」というものが薄れてしまう気がすることも。どんな手紙がくるかなと、ドキドキしながら待っているときが、本当は、一番の醍醐味なのかもしれませんね。

 

RELATED 関連する記事