手洗いをしっかりしよう!Japaaan

「昨夜その角で見かけたよ」……今でも街に妖怪の存在が息づく『遠野物語』の舞台【その1】

「昨夜その角で見かけたよ」……今でも街に妖怪の存在が息づく『遠野物語』の舞台【その1】

近代化する都会人へ…「平地人を戦慄せしめよ」

「遠野物語」序文の最後のほうには、

国内の山村にして遠野より更に物深きところには又無数の山神山人の伝説あるべし。

願はくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ。
— 柳田國男「序文 『遠野物語』」

と記されています。

昔は、土地の神や妖怪など目に見えないものを畏怖していた人間が、明治に入り何んでも西洋的な解釈で解決しようとするようになってしまいました。

平地人とは、都会人のこと。柳田国男は、「妖怪や幽霊、雪女や鬼など…今でも遠野には、人間には解明できないような摩訶不思議な伝説が起こっている」と伝えたかったのでしょう。

「平地人を戦慄せしめよ」…のひと言に強い思いが感じられます。

3ページ目 当時、妖怪伝説や庶民信仰などは「邪な教え」と禁止されていた!

 

RELATED 関連する記事