歴史・文化 - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

【門松にまつわる一説】武田氏にリベンジ!門松の竹をナナメにぶった斬った徳川家康のエピソード

【門松にまつわる一説】武田氏にリベンジ!門松の竹をナナメにぶった斬った徳川家康のエピソード

昔から「七草の風に当てるな」と言われるように、多くの家では七草粥を食べる1月7日まで(その前日、1月6日)にはお正月飾りを片づけるようですが、家々の門前を華やかに飾っていた門松が見えなくなると、いよいよお正月の終わりを感じて少し寂しいものです。

ところで、その門松の中央を占める竹について、こんな質問がありました。

「たまに竹の先が水平に切ってある門松を見るけど、あれはどういう意味があるの?」

今どき門松の竹と言えば、斜めに切って竹槍のようになっているものが多い中で、竹を水平に切っている門松も少数派?(※地域によって異なります)ながら、センスフルな存在感を放っています。

そこで今回は、門松の竹にまつわる一説を紹介していきたいと思います。

三方ヶ原の惨敗、家康を嘲笑う勝頼の歌

時は戦国末期の元亀三1572年12月22日、「甲斐の虎」こと武田信玄(たけだ しんげん)が徳川家康(とくがわ いえやす)と織田信長(おだ のぶなが)の連合軍を遠州三方ヶ原(現:静岡県浜松市)で撃破した「三方ヶ原の戦い」。

戦上手として無敗を誇っていた家康にとって、生涯唯一の敗北となった苦い思い出。

「この恨み、晴らさでおくべきか!」

あまりの悔しさに傍の竹を袈裟(けさ。斜め)に斬り落とし、家臣に命じました。

「来年から、門松の竹は皆このように袈裟斬りと致せ!」

竹を「武田」に見立てることで、三方ヶ原の悔しさを忘れず、リベンジの意志を新たにしたところ、これを知った武田勝頼(たけだ かつより。信玄の嫡男)がこんな歌を送って寄越したそうです。

「まつかれて たけたくひなき あしたかな」

【読み下し】松枯れて 竹、類なき 朝(あした)かな」
【意訳】松=松平=徳川は枯れて衰え、竹=武田は類なく栄えるであろう

「おのれ武田め……!」

この歌を知って家臣たちは怒り狂いましたが、家康はニヤリと笑って返書の筆をとりました。

2ページ目 家康の機転で意趣返し!武田にリベンジを達成

 

RELATED 関連する記事