ライフスタイル - 日本文化と今をつなぐ。Japaaan

もう逢えない?女性の花形職業だった「エレベーターガール」はなぜ見かけなくなったのか?

もう逢えない?女性の花形職業だった「エレベーターガール」はなぜ見かけなくなったのか?

昔は必ず見かけた「エレベーターガール」…今は?

30代の筆者が子供だった頃、大手百貨店のエレベーターには「エレベーターガール」と呼ばれる女性がいました。

乗客から行先階を聞き、「次は〇階、〇〇のフロアでございます」と優雅な声でアナウンスする彼女たちは、「女性の花型職業」と呼ばれていました。

しかし最近では、エレベーターに乗ってもほとんど見かけませんよね?

エレベーターガールは、いったいどうしてあまり見かけなくなってしまったのでしょうか?

エレベーターガールの歴史

日本で初めてエレベーターガールが採用されたのは、1929(昭和4)年、松坂屋上野店でした。

元々、松坂屋のエレベーターは手動式で操作が大変難しく、男性が運転していました。
当時は扉の開閉なども、手で行っていたのだそうです。

しかし松坂屋上野店は1923(大正12)年に、関東大震災で全焼してしまいました。本館が再建されたのは1929(昭和4)年でしたが、その際新しく導入されたエレベーターが「水平停止開閉式」という当時の最新型だったのです。

以前のものより格段に操作がしやすくなったエレベーターに、当時は「昇降機ガール」と呼ばれたエレベーターガールが初めて採用されたのは、この頃でした。

操作がしやすくなったといっても、この時代のエレベーターは現在のようなボタンひとつで動く全自動式ではありません。

エレベーターガールたちはハンドルや足元のボタンを使って上昇・下降・停止の操作と満員のお知らせを行い、

「次は〇階でございます。6階には◯◯がございます」

などのフロア案内、さらに各フロアに到着するたびにエレベーターの外へ出て「呼び込み」まで行っていたというのですから、見た目以上に大変な仕事だったことでしょう。

2ページ目 現在もエレベーターガールがいるのはどこ?

 

RELATED 関連する記事